いざというときに役立つ家族葬のマナーと基礎知識

家族葬のマナーと基礎知識

PICK UP!

家族葬とは?案内する身内の範囲

お亡くなりになった後、家族、親族、会社、友人などに訃報連絡をします。 訃報を知らせる範囲は、基本的にお葬式の案内を出す人と同意と考えてよいでしょう。 家族葬を希望する場合でも、遠方の親族への訃報連絡はするのがマナーのようです。 連絡の範囲(参列者の人選)は事前に決めておくのがベターです。

PICK UP!

家族葬に参列すべきか迷ったときは?

家族葬は、基本的には遺族・親族など近親者が参列するものです。 また、親族以外であっても親しい間柄の知人や友人が参列する場合があります。 故人の遺志や喪主の判断で希望される場合は参列します。 訃報連絡を受けても招待がない場合、親族以外への家族葬を行うという連絡は、参列しないのがマナーです。

家族葬を行う側(喪主・遺族)のマナー

家族葬は、家族や親戚などつきあいの深い間柄の人だけで行う葬儀です。
遺族だけの葬儀と思われる方もおられますが、親族や故人と親しかったなら血縁関係のない人も呼ぶことができます。
反対にそれほど交流がない知人やお仕事の関係者は呼びません。

家族葬が選ばれる理由は、一般的な葬儀を行う場合に比べアットホームで、参列者への対応に追われず気遣いがないことがあります。
遺言などで家族葬を希望される方は、本当に心から偲んでくれる家族や近親者に送って欲しいという思いがあるようです。
高齢化により退職後の付き合いが減ったり、葬儀に参列することが困難という方も増えているため、自身の葬儀は簡単に済ませたいと考える方も増えています。
また、義務感から参列される方の負担を軽減することができる、葬儀の費用を抑えることができる、来て欲しい参列者の人数を自分たちで調整できるなどのメリットがあるためです。
家族葬では、故人と最後にお別れして欲しい方を遺族が決めることができるので、葬儀に参列できる人と参列できない人ができます。
一般的な葬儀との違いは、特に呼ばなかった親族から後日苦情が出ないよう配慮が必要なことです。
誰を葬儀に呼んで誰を呼ばないのかという人選は、家族葬を行う際に最も気を使わなければならないことです。
案内する身内の範囲は、故人の兄弟、子供といった血縁の近い範囲だけで行うこともあれば、おじ・おば・いとこを含めて行われることもあります。
決めかねた場合は、2親等までの親族としてもよいでしょう。
葬儀のプランにより人数の把握が必要になります。
家族葬の場合、参列者の人数は10〜30人程度になることが多いようです。

参列しない場合のマナー

遠方の親戚から家族葬の案内が届いた場合、参列すべきかどうか判断に迷う人は多いのではないでしょうか。 まず交通手段を手配して間に合うのかどうか、日帰りできるのか、無理な場合は宿泊の手配ができるのかなどを考えます。 また、参列できない場合はどんな対応があるのでしょうか。

TOPへ戻る